全国小津安二郎ネットワーク

『ユリイカ』第48巻第3号通巻677号「特集 原節子と<昭和>の風景」(2016年2月1日発行、青土社、229頁)

岡田茉莉子・吉田喜重「対談 永遠の謎 最後の映画スター・原節子」(50-65頁)
中野翠「「戦後」にはまりこめない二人 『東京物語』から」(66-69頁)
四方田犬彦「国民女優としての原節子」(70-75頁)
片山杜秀「スメラの女」(76-82頁)
鈴木了二「美の重さ」(83-89頁)
長谷正人「人間 原節子 そのエロスの源泉」(90-99頁)
宮本明子「はじまりとしての『晩春』(100-108頁)
濱口竜介「『東京物語』の原節子」(109-121頁)
掘禎一「雨になやめる海棠 原節子・不在のイマージュ」(122-127頁)
安川有果「「女優」は変化する」(128-136頁)
瀬川裕司「『新しき土』、その時代と原節子」(137-147頁)
赤坂太輔「太源者であり媒介者 黒澤明映画の原節子について」(148-154頁)
久保豊「天女のくちづけ 『お嬢さん乾杯!』における原節子」(155-163頁)
紙屋牧子「民主主義の女神は自転車に乗って 原節子にみる「性」の開放と抑圧」(164-173頁)
大久保清朗「戦後とその分身 『めし』における成瀬己喜男と原節子」(174-185頁)
田村千穂「<永遠の処女>言説を超えて ギッシュ、ガルボ、原節子」(186-193頁)
河野真理江「「わたし、ずるいんです」女優原節子の幻想と肉体」(194-202頁)
北村匡平「スクリーンの<湿度>と原節子の眼差し 『わが青春に悔なし』から『熱風』へ」(203-213頁)
伊藤洋司「原節子主要出演作品解題」(214-224頁)

最新の記事

カテゴリ

月別に見る

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。