全国小津安二郎ネットワーク

小津監督を巡る文献・資料

小津安二郎を巡る関連文献・資料

2021年の関連文献・資料

全て見る(1830件)
書誌情報
2021
『新潮』第百十八巻第二号(2021年2月7日発行(1月7日発売)、新潮社、420頁)

平山周吉「小津安二郎 第六回 第六章 「人の如く鶏頭立てり「東京物語」」(258-268頁)
※冒頭を引用する。
 二〇一九(令和元)年の歳末は、まだ当然のごとく忘年会がさかんに行われていた。「三密」などという言葉はなかった。私の場合、この年最後の忘年会は、江東区の門前仲町であった。隅田川を地下鉄東西線で通り過ぎてしまうのは味気ない。せっかくの永代橋の橋梁と橋からの夜景を眺めることができないからだ。小津のトーキー第一作「一人息子」(昭和十一年)では、信州から上京した飯田蝶子を乗せた円タクは、永代橋で隅田川を渡った。飯田蝶子のかあやんが一人息子(日守新一)に案内されて着いた場所は、空き地が荒涼とひろがる東京の場末で、期待した息子は夜学の教師でしかない。「東京物語」では町医者の山村聰が、隅田川の向こうで生計をたてていた。「一人息子」は「東京物語」のあきらかな先行作である。飯田蝶子の失望と落胆は、「東京物語」の笠智衆、東山千栄子の老夫婦よりも直截で、最後に漏れる溜息は笠と東山よりもあからさまだった。

『新潮』第百十八巻第二号(2021年3月7日発行(2月5日発売)、新潮社、388頁)

平山周吉「小津安二郎 第七回 第七章 「晩春」の壺は、値百万両」(178-188頁)
※冒頭を引用する。
 突然、シネスイッチ銀座のスクリーンに山中貞雄監督の「河内山宗俊」のタイトルが流れ始めた。小津の「麦秋」に強く影を落とす映画として言及してきた。十五歳の原節子の時代劇出演作である。その「河内山宗俊」の冒頭部分が、第七十七回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞9を受賞した「スパイの妻」に挿入されている。観客に強く印象づけるためか、かなり長く流れる。ヴェネチアを通して、サダオ・ヤマナカの名前はこれから世界の映画人に間違いなく知られていく。そうかくしんさせるに足る、「河内山宗俊」の不意打ち映像だった。

『新潮』第百十八巻第二号(2021年4月7日発行(3月5日発売)、新潮社、420頁)

平山周吉「小津安二郎 第八回 第八章 「戦争未亡人」紀子と「社会的寡婦」百万人」(234-244頁)
※冒頭を引用する。
 昨年亡くなった古井由吉に『東京物語考』という本がある。昭和五十九年(一九八四)に出ていて、その時に読んでいるのだが、すっかり忘れていた。『「東京物語」考』だとてっきり思い込み、勢い込んで読み始めたら、肩すかしを喰らわされた。古井が関心を持つ徳田秋聲、葛西善蔵、嘉村礒多など、東京に移住した作家たちを「東京者」として括った上での文学論であった。その『東京物語考』の冒頭に「東京物語」のことが出ていると教えられ、久しぶりに手にとった。「東京物語」が公開された昭和二十八年(一九五三)に日比谷高校に入った古井少年は、五反田の映画館でひとり「東京物語」を観た。その日の回想から『東京物語考』は始まる。映画館を出ようとした時、古井少年は刑事に呼び止められた。

『新潮』第百十八巻第二号(2021年5月7日発行(4月7日発売)、新潮社、396頁)

平山周吉「小津安二郎 第九回 第九章 原節子結婚説-「痒い」平山「痒い」小津(224-234頁)
※冒頭を引用する。
「本誌 今日は『小津安二郎監督を語る』という題で、小津作品に縁の深い、また小津監督のお気に入りの皆さま方に‥。
淡島 嘘だァ(笑)
原 何云ってんの。今度の『お茶漬の味』にも出ているじゃァないの、淡島さんは‥。
淡島 だって、私なんかおつきあい一番浅いわ。『麦秋』と『お茶漬の味』の二本ですもの‥。
三宅 そういう意味でなくてさ、原さんなんか‥。
原 なアーに?
三宅 ご謙遜。
原 何を云っているのよ。私だって『晩春』と『麦秋』の二本よ。
三宅 その二本がねえー。(笑)
淡島 この中では、小津先生の作品に出演されたのは三宅さんが一番多いんでしょう?
三宅 そうでもないわ。最初が『戸田家の兄妹』で、『晩春』、『麦秋』、それから今度の『お茶漬の味』でしょう。四本だわ。
原 私たち二本ずつだから、三宅さんは私たちの倍しゃべらなくちゃァね。
淡島 そうよ、ねえー」
 原節子と三宅邦子と淡島千景が和気藹々のうちに語る座談会「かっちりして大きい小津先生」の出だしのやりとりである。

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。