全国小津安二郎ネットワーク

小津監督を巡る文献・資料

小津安二郎を巡る関連文献・資料

1920年の関連文献・資料

全て見る(1981件)
書誌情報
1920
「謹告 大阪毎日新聞通俗教育活動寫眞」(会場:松阪町神樂座)

水野新吉『大阪毎日新聞活動寫眞史』(大正14年)によれば、読者拡大のために、最も効果があったものの一つとして、活動寫眞班の地方巡回があった(22頁)。活動寫眞班は、購買部の極めて僅少の予算の一部を割いて之に充てたので、映画の二三本も買い入れると、半期の予算は飛んでしまう程貧しいものだった。そこで、広告幻燈を映画の間に入れることになった。その一つが、このチラシの活動写真映写順序の最初にある「大阪名所(其の一、其の二)」であった。これは、明治42年に作成され、全三巻物である(27頁)。活動班の当初のフィルムは、寺田商店などから購入したものであった。大正の始め頃に購入したフィルムに、チラシにある「ケリー君の大慌て」(500尺)はあるようだ(40―41頁)
 さて、通俗教育とは、現在のおおよそ社会教育という意味である。この活動寫眞が上映されたのが、小津安二郎が中学時代、浪人時代、常連であった松阪町の「神樂座」なのである。このチラシは、大正時代だと思われるが、さらに調査をしなければ特定できない。小津安二郎が通っただろう時代の神樂座の貴重なチラシであるということで、掲載しておく。仮に、1920(大正9)年としておく。

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。