全国小津安二郎ネットワーク

小津監督を巡る文献・資料

小津安二郎を巡る関連文献・資料

2016年の関連文献・資料

全て見る(1725件)
書誌情報
2016
『キネマ旬報』No.1709通巻2523号「女優原節子」(2016年2月1日発行、キネマ旬報社、194頁)

中野翠「二人の生涯独身者 原節子と小津安二郎」(6-8頁)
「第一部:素顔の原節子」(24-33頁)
「第二部:時代と原節子」(34-52頁)

『ユリイカ』第48巻第3号通巻677号「特集 原節子と<昭和>の風景」(2016年2月1日発行、青土社、229頁)

岡田茉莉子・吉田喜重「対談 永遠の謎 最後の映画スター・原節子」(50-65頁)
中野翠「「戦後」にはまりこめない二人 『東京物語』から」(66-69頁)
四方田犬彦「国民女優としての原節子」(70-75頁)
片山杜秀「スメラの女」(76-82頁)
鈴木了二「美の重さ」(83-89頁)
長谷正人「人間 原節子 そのエロスの源泉」(90-99頁)
宮本明子「はじまりとしての『晩春』(100-108頁)
濱口竜介「『東京物語』の原節子」(109-121頁)
掘禎一「雨になやめる海棠 原節子・不在のイマージュ」(122-127頁)
安川有果「「女優」は変化する」(128-136頁)
瀬川裕司「『新しき土』、その時代と原節子」(137-147頁)
赤坂太輔「太源者であり媒介者 黒澤明映画の原節子について」(148-154頁)
久保豊「天女のくちづけ 『お嬢さん乾杯!』における原節子」(155-163頁)
紙屋牧子「民主主義の女神は自転車に乗って 原節子にみる「性」の開放と抑圧」(164-173頁)
大久保清朗「戦後とその分身 『めし』における成瀬己喜男と原節子」(174-185頁)
田村千穂「<永遠の処女>言説を超えて ギッシュ、ガルボ、原節子」(186-193頁)
河野真理江「「わたし、ずるいんです」女優原節子の幻想と肉体」(194-202頁)
北村匡平「スクリーンの<湿度>と原節子の眼差し 『わが青春に悔なし』から『熱風』へ」(203-213頁)
伊藤洋司「原節子主要出演作品解題」(214-224頁)

前田英樹『小津安二郎の喜び』(2016年2月10日発行、講談社選書メチエ617、315頁)

「第Ⅰ部 喜劇の静けさ 第1章 映画が滑稽であること 第2章 微笑の道徳 第3章 無力であること 第4章 流れ歩く人たち」(12‐70頁)
「第Ⅱ部 低く、水平に視ること 第5章 なぜローポジションなのか 第6章 サイレントからトーキーへ 第7章 映画と声 第8章<在るもの>としての深さ」(71‐132頁)
「第Ⅲ部 不易を観る方法 第9章 世相と不易 第10章 映画と変わらないもの 第11章 豆腐とガンモドキの間 第12章 東京に生きる」(133‐229頁)
「第Ⅳ部 色彩映画・至純の華やぎ 第13章 色彩喜劇の創造 第14章 豊潤の極みへ 第15章 死を養う色」(231‐284頁)
「終章 小津安二郎は何を撮り、何を語ったのか」(285‐295頁)
「文献一覧」(296‐297頁)
「あとがき」(299‐300頁)
「小津安二郎全作品一覧」(301‐315頁)

守屋浩司編『文春ムック スターの肖像』(2016年3月24日発行、文藝春秋、269頁)

「第三章 小津安二郎の言霊」(89-124頁)
「第四章 日本のおじいさん 笠智衆」(125-144頁)

石井妙子『原節子の真実』(2016年3月25日発行、新潮社、303頁)

帯より「小津との本当の関係、たったひとつの恋、空白の一年、そして引退の真相
伝説を生きた女優の真実を鮮やかに蘇らせた、決定版本格評伝」

竹林出『映画監督小津安二郎の軌跡 芸術家として、認識者として』(2016年5月20日発行、風濤社、451頁)

「はしがき」(1―3頁)
「Ⅰ 小津映画の主題と背景」(13―104頁)
「Ⅱ 小津映画各論」(105―430頁)
「あとがき」(432―437頁)
「脚註」(438―445頁)
「小津安二郎監督作品一覧」(446―449頁)
「参考文献」(450―451頁)

Franco Picollo、Hiromi Yagi 『Scritti sul cinema』(2016年5月26日発行、Donzelli 、246頁)

小津安二郎『映画について』
ダリオ・マージ「序文 そうかい、そうだよ、そうだったんだよ 謙譲の映画」
フランコ・ピッコロ、八木宏美「イントロダクション」
「Ⅰ 芸談議」(5‐66頁)
「Ⅱ 自作を語る」(67‐128頁)
「Ⅲ 一寸戦争に行って来ます」(129-174頁)
「Ⅳ 幅のある芸術」(175-216頁)
「フィルモグラフィー」(217‐230頁)
「引用文献リスト」(231―236頁)
「写真リスト」(237‐238頁)
「映画名索引」(239―242頁)
「人名索引」(243―246頁)

「伝説の女優 原節子 一周忌追悼企画」(2016年8月27日、神保町シアター)

伝説の女優 原節子 一周忌追悼企画
2016年8月27日(土)~9月30日(金) 於:神保町シアター
今秋、九月五日に一周忌を迎える女優・原節子。その気品ある姿は日本女性の鑑ともいわれ、戦前、戦後を通じ、数多くの名作に主演しましたが、1962年『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』の出演を最後に映画界を去り、その後、五十年以上に渡り公の場に姿を現すことはありませんでした。今回は、まだ幼い表情を見せる戦前の貴重な作品から、戦後の新しい時代の女性を体現した代表作の数々まで、伝説の女優、原節子をスクリーンでたっぷりご覧いただきます。

「第19回小津安二郎記念蓼科高原映画祭」(2016年9月24日、小津安二郎記念蓼科高原映画祭実行委員会)

小津が描いた原節子の輝き
記念すべき原節子の小津出演作品、第一作「晩春」と「東京暮色」の二本を上映し、永遠の銀幕女優を偲びます。
2016年9月24日(土)、9月25日(日)

『築山秀夫・小津コレクション展 松竹蒲田時代の小津安二郎-80年前の資料で蘇る-』(2016年12月10日、江東区古石場文化センター)

築山秀夫・小津コレクション展「松竹蒲田時代の小津安二郎-80年前の資料で蘇る-」
2016年12月10日(土)~2017年2月5日(日)
会場:江東区古石場文化センター

土門拳『鬼の眼 土門拳の仕事』(2016年12月23日発行、光村推古書院、415頁)

「久我美子と小津安二郎 小津安二郎監督『彼岸花』撮影中の松竹大船撮影所」(304頁)

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。