全国小津安二郎ネットワーク

小津監督を巡る文献・資料

小津安二郎を巡る関連文献・資料

2013年の関連文献・資料

全て見る(1376件)
書誌情報
2013
升本喜年『小津も絹代も寅さんも 城戸四郎のキネマの天地』(2013年2月25日発行、新潮社、398頁)

「監督小津安二郎の場合」(132―163頁)
「トーキーと小津安二郎」(240―246頁)

小津安二郎(陳寶蓮譯)『我是賣豆腐的、所以我只做豆腐』(2013年3月4日発行、新経典圖文傳播有限公司、255頁)

「小津安二郎 生平」(3-7頁)
易智言「導讀 生活的・小津安二郎」(8-9頁)
「第一輯 我的導演之路」(15-50頁)
「第二輯 電影没有文法」(51-97頁)
「第三輯 在戰地思考電影」(99-136頁)
「第四輯 寄自戰地的信件」(137-176頁)
「第五輯 活在對電影的愛情中」(177-255頁)

岩井成昭『路傍の光斑-小津安二郎の時代と現代』(2013年5月23日発行、P3 art and environment、435頁)

「序章 映像の光斑・記憶の光斑」(13-33頁)
「第一章 小津の家族・鑑賞者の家族」(35-71頁)
「第二章 家族の生成」(73-158頁)
「第三章 戦争の傷跡」(159-193頁)
「第四章 失われた風景」(195-313頁)
「第五章 幸福の定義」(315-379頁)
「小津安二郎 戦前・戦中作品」(382-385頁)
「小津安二郎 戦後作品データ あらすじ・解説・スタッフ試写ノート」(387-419頁)
「あとがき」(420-423頁)

『シナリオ』第69巻第7号通巻780号(2013年7月1日発行、シナリオ作家協会、151頁)

「特集 蓼科日記」(61-91頁)
「インタヴュー 朝二合夜五合-『蓼科日記』の豊饒な世界」(63-82頁)
※山内静夫・照井康夫、聞き手:渡辺千明
「野田高梧脚本による小津安二郎監督作品一覧」(83-84頁)
「「秋刀魚の味」執筆記録(蓼科日記より)」(85-91頁)
「秋刀魚の味 シナリオ」(92-121頁)

松竹映像センター編『東京物語 シナリオ写真集』(2013年7月6日発行、松竹株式会社、103頁)

「公開時プレスシート東京版」
「公開時ポスター 大阪版、東京版」
「公開時プレスシート 大阪版」
「リバイバルポスター」
「東京物語シナリオ」
小津安二郎監督生誕110年記念Blu-ray「東京物語」(初回5000セット限定特典」

田中眞澄『小津ありき 知られざる小津安二郎』(2013年7月18日発行、清流出版、293頁)

「第1章 「日本の家族」を描き続けた小津安二郎」(7―173頁)
「第2章 小津安二郎全作品解説」(175―250頁)
「斎藤武市インタビュー(聞き手:田中眞澄)小津組助監督修行」(251―287頁)
「初出一覧」(288―289頁)
高崎俊夫「編者あとがき」(290―293頁)

「蓼科日記」刊行会編『蓼科日記抄』(2013年8月1日発行、小学館スクウェア、598頁)

山内静夫(「蓼科日記」刊行会発起人代表)「刊行の辞」(1‐3頁)
「蓼科日記 抄 目次」(5‐7頁)
北原克彦「蓼科山荘地図」(8‐9頁)
北原克彦「蓼科高原周辺地図」(10頁)
「凡例」(12‐13頁)
「序章 佳き哉蓼科、楽しき哉蓼科(第五巻の補記。昭和二十六年七月)(15‐22頁)
「第一章 小津初めての蓼科(第一巻。昭和二十九年八・九月)」(23‐57頁)
「第二章 片倉山荘の契約と『東京暮色』(第二、三、四巻。昭和三十一年六月~十二月)」(59‐166頁)
「第三章 『無藝荘』命名と『大根役者』脱稿(第四、五巻。昭和三十二年六月~十一月)」(167‐240頁)
「第四章 『お早よう』の執筆、脱稿まで(第六巻。昭和三十三年九月~十一月)」(241‐269頁)
「第五章 『大根役者』改め『浮草』完成す(第七巻。昭和三十四年六・七月)」(271‐292頁)
「第六章 『秋日和』と蓼科会員の別荘地取得(第八、九巻。昭和三十五年二月~六月)(293‐350頁)
「第七章 小津越年、利市の死と『小早川家の秋』(第九、十巻。昭和三十五年十二月~昭和三十六年五月)(351‐410頁)
「第八章 小津母堂逝去と『秋刀魚の味』(第十一、十二巻。昭和三十六年十一月~昭和三十七年七月)」(411‐498頁)
「終章 逝ってしまえ、ろくでもなかった昭和三十八年よ(第十二、十三、十四巻。昭和三十七年十二月~昭和三十八年十二月)」(499‐531頁)
田中眞澄「解説-小津安二郎と蓼科高原」(532‐550頁)
照井康夫「解題」(551‐562頁)
笹沼真理子「野田高梧・小津安二郎 略年譜及び共同作品」(563‐579頁)
笹沼真理子「野田高梧・小津安二郎 作品目録」(580‐590頁)
「参考文献」(591‐592頁)
「人物註索引」(593‐598頁)

『文學界』第六十七巻第八号(2013年8月1日発行、文藝春秋、328頁)

照井康夫「小津安二郎外伝-四人の女と幻想の家」(130-204頁)

「ナイルスナイル」No.199(2013年9月1日発行、ナイルスコミュニケーションズ、109頁)

「佳き哉蓼科、楽しき哉蓼科 小津安二郎と「無藝荘」の人々」(56-61頁)

『ユリイカ』2013年11月臨時増刊号「総特集 小津安二郎 生誕110年/没後50年」(2013年10月25日発行、青土社、293頁)

中野翠「曇天の東京」(8‐12頁)
五十嵐太郎「『東急物語』と日本的な家屋」(13‐15頁)
船橋淳「国際的な分類化に抗うために」(16‐20頁)
宇野邦一「凡庸と幻視」(21‐27頁)
小森はるか「日常の先で眼差しを交わす」(28‐31頁)
前田英樹「『麦秋』の大和」(31‐37頁)
四方田犬彦「『東京物語』の余白に」(38‐47頁)
島田虎之介「enchanted」(48‐49頁)
斎藤環「小津安二郎の『アンチ・オイディプス』(50‐61頁)
蓮實重彦・青山真治 対談「梱包と野放し いま、なぜ小津安二郎を語るのか」(62‐87頁)
石田美紀「田中絹代と小津映画」(88‐97頁)
丹生谷貴志「例えば正しく終わらせること、について」(98‐109頁)
吉田喜重「小津安二郎論再考」(110‐140頁)
伊藤俊治「サイレント・デスマスク 『非常線の女』における小津安二郎の写真/映画」(141‐151頁)
鈴木一志「正方形とのたたかい 小津とデザイン」(152‐174頁)
長谷正人「反=接吻映画としての『晩春』 占領政策と小津安二郎」(175‐187頁)
廣原暁・三宅唱 対談「小津映画について知っている二、三の事柄」(188‐198頁)
小沼純一「小津安二郎 音とモノの迷宮へ」(199‐210頁)
宮本明子「『おじさん』の系譜 『彼岸花』から『秋刀魚の味』、そして『青春放課後』まで」(211-222頁)
山本一郎「二〇一三年初夏 秋刀魚の味/晩春/彼岸花/能/歌舞伎/日本酒」(223‐229頁)
渡邉大輔「小津調2・〇」(230‐243頁)
浅利浩之「反語的振舞としての『小津安二郎全発言』」(244‐253頁)
エドワード・ブラニガン(伊藤弘了・加藤幹郎訳)「『彼岸花』の空間 小津映画における芸術様式の本質」(254‐282頁)
「小津安二郎フィルモグラフィー」(283‐293頁)

『調査情報』第3期通巻515号(2013年11月1日発行、TBSテレビ、110頁)

「没後50年 JFKとOZU」
佐藤忠男「世界映画史上一位としての『東京物語』」(31-38頁)
保阪正康「小津安二郎と「戦争の時代」(39-43頁)
中野翠「素敵にヘンな<小津ごのみ>」(44-47頁)
蓮實重彦「『美人哀愁』をめぐる許されざる犯罪について」(48-49頁)

『新潮45』第32巻第11号通巻379号(2013年11月18日発行、新潮社、332頁)

「生誕110年特集 小津安二郎」(229―270頁)
対談中井麻素子・山内静夫「聖なる酔っ払い監督の素顔」(230―241頁)
「発掘! 戦地から送られた佐野周二への手紙」(242―243頁)
中野翠「<小津ごのみ>の刻印」(244―249頁)
対談片山杜秀・與那覇潤「「未来作家」のモダニズム」(250―270頁)

『NFCニュースレター』第112号「特集:小津安二郎の図像学」(2013年12月1日発行、東京国立近代美術館フィルムセンター編、東京国立近代美術館発行、16頁)

岡田秀則「動く前に、止める―これからの小津安二郎論のために-」(6‐8頁)
佐崎順昭「小津安二郎、絵画とデザイン、その拡がりへ向けて(上)」(9‐10頁)
「小津安二郎監督のカラー作品における絵画など美術品一覧(調査・作成:佐崎順昭)」(11頁)
※岡田論文の註(8頁)には、小津安二郎資料の現在として、公的文化機関に収録されているものとして、所蔵館、主な資料、主な旧蔵者が示されている。所蔵館としては、川喜多記念映画文化財団、鎌倉文学館、江東区古石場文化センター、小津安二郎青春館の4つの機関が紹介されている。

『BRUTUS』第34巻第22号(2013年12月1日発行、マガジンハウス、154頁)

「小津安二郎と中井貴一」(18‐21頁)
「特集 小津の入り口」(22―
「テレビドラマ 脚本家・山田太一が小津作品に見た、同時代感覚と表現。」(24―27頁)
「画作り ホンマタカシが試行錯誤で遊び倒す、小津のローアングル。」(28―33頁)
「料理 料理家・渡辺有子さんが再現する。昭和の丁寧な味。」(34―37頁)
「おじさん 小津映画は女優の映画?いや、本当はおじさんのえいがです。」(38―39頁)
「男と女 モダンな社会が生んだ「強い女」と「弱い男」への視線。」(40―41頁)
「笑い 宮沢章夫が小津に存在する「わからない」を解説する。」(42―43頁)
「もっと小津を知るための7つの方法」(46―47頁)
「基礎知識 まずは小津安二郎という人間を知らなければ始まらない」(100―105頁)
「ファッション 登場人物たちの衣装が語る小津安二郎の美学」(106―107頁)
「女優 誰もが納得の超正攻法な小津の入り口」(108―109頁)
「着物 小津の世界観を完成させる、欠かせないピースとして」(110―111頁)
「絵画 ただの飾りではない。美術品は小津作品の名脇役。」(112―113頁)
「鑑賞後 原節子は小津安二郎のことが好きだったのかな?」(114―117頁)

貴田庄『小津安二郎と「東京物語』(2013年12月10日発行、筑摩書房、253頁)

「はじめに」(9-11頁)
「一章 『東京物語』と『明日は来らず』」(13-34頁)
「二章 『東京物語』の脚本執筆」(35-79頁)
「三章 『東京物語』のロケハン」(81-101頁)
「四章 『東京物語』の撮影」(103-151頁)
「五章 『東京物語』の脚本再考」(153-184頁)
「六章 『東京物語』の封切りと評価(185-214頁)
「七章 『東京物語』の欧米デビュー」(215-238頁)
「おわりに、もしくは『東京物語』の現在の国際的評価」(239-245頁)
「あとがき」(246-250頁)
「引用文献と参考文献」(251-253頁)

梶村啓二『「東京物語」と小津安二郎 なぜ世界はベスト1に選んだのか』(2013年12月12日発行、平凡社、206頁)

「プロローグ」(9-18頁)
「1 外国人映画監督たち」(19-30頁)
「2 紀子とは誰なのか?」(31-48頁)
「3 周吉の旅 笠智衆のこと」(49-75頁)
「4 子供について 異時同図としの家族」(76-91頁)
「5 生活人 志げと幸一」(92-108頁)
「6 東京について」(109-120頁)
「7 着物とスーツ」(121-129頁)
「8 戦争のこと」(130-138頁)
「9 音と音楽について」(139-149頁)
「10 夏について」(150-160頁)
「11 整理された画面」(161-177頁)
「12 軽さについて」(178-192頁)
「13 時間という王」(193-201頁)
「あとがき」(202-205頁)
「主要参考文献」(206頁)

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。