全国小津安二郎ネットワーク

小津監督を巡る文献・資料

小津安二郎を巡る関連文献・資料

2002年の関連文献・資料

全て見る(1376件)
書誌情報
2002
鎌倉市芸術文化振興財団・鎌倉文学館編『鎌倉文学館収蔵コレクション』(2002年3月31日発行、鎌倉市芸術文化振興財団・鎌倉文学館、79頁)

「小津安二郎」(71頁)
※色紙「春の夜をふとおるごおる鳴りいだす」の写真あり

田中眞澄『小津安二郎のほうへ モダニズム映画史論』(2002年6月3日発行、みすず書房、333頁)

「Ⅰ 北村小松から小津安二郎へ 物語・蒲田モダニズム」(6‐69頁)
「Ⅱ 『言葉』の背景、兵士 小津安二郎、ライカという“近代” 小津安二郎と木村伊兵衛、小津が歩いたモダン東京、『サノバガン』谷譲次 “昭和モダン”の先行者、浅原六朗、または一九三〇年という《場》」(70‐124頁)
「Ⅲ もうひとつの『土』、空白を埋める新たな発見 内田吐夢『少年美談・清き心』」(126‐168頁)
「Ⅳ プロレタリア美術運動と黒澤明、映画劇『大地は微笑む』顛末記、大正残侠伝 “映画史”になる前の河合徳三郎、おはつ地蔵由来、とざいとーざい『折鶴お千』、あるプロレタリア作家の映画説明者経験 予告編、『夢声自伝』の「原東京」、第二の小津安二郎を探して」(169‐230頁)
「Ⅴ 時代劇映画史論のための予備的諸考察 戦前篇、山中貞雄という現象」(231‐268頁)
「Ⅵ 日本映画の源流を旅する 京都映画史紀行、伊藤大輔発アイルランド経由森鴎外行き、葉桜の下の劇場めぐり 近代文学博物館『東京劇場』展、酷暑の濹東、向島を日和下駄す 東京都現代美術館『水辺のモダン』展、映画というあやかしを生み出す空間、残響 厚田さんを偲んで」(269‐327頁)
「あとがき」(329‐331頁)
「初出一覧」(332‐333頁)

『キネマ旬報』No.2176(2002年8月15日発行、キネマ旬報社、200頁)

川本三郎「映画探偵になる休日 映画を歩く楽しみ 小津を訪ねて、伊勢」(129-133)

『ワンダーシネマ』第3巻第3号第11号・秋季号(2002年10月1日発行、B2エディトル、68頁)

表紙:小津安二郎(絵:和田誠)
「表紙ストーリー ぼくのアメリカの友人に、ニューヨークの名画座でプログラム・デイレクターをやっている男がいます。当然映画ファン。日本映画にも詳しい。ぼくは映画の中でキャメラが回るのが好きなので、その点オズは物足りない、と言うと、彼は「そんなことはない。オズのサイレント映画を見たか」とききます。「見てない」と答えると、数週間後、帰国した彼からヴィデオが届きました。映画は「生まれてはみたけれど」。アメリカ人に日本映画を教えられているのです。和田誠」
※本書は、第5回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭公式ガイドブックである。

小津安二郎生誕100年記念三重映画フェスティバル2003実行委員会編『巨匠たちの風景 みえシネマ事情 小津安二郎 衣笠貞之助 藤田敏八』(2002年12月12日発行、伊勢文化舎、210頁)

「小津安二郎の風景」(17-93頁)
筑紫哲也「小津安二郎」(19-20頁)
柳瀬才治「代用教員時代のオーヅ先生」(21-23頁)
三上真一郎「伊勢、松阪、飯高」(24頁)
司葉子「お茶目な一面も」(25頁)
淡島千景「江戸っ子だと思っていました」(26頁)
山田洋次監督インタビュー「小津安二郎監督を語る」(聞き手:吉村英夫)(27-31頁)
藤田明「小津安二郎・私見」(32-47頁)
吉村英夫「家屋をとらえる目 小津安二郎」(48-60頁)
尾西康充「小津安二郎の中学時代」(61-63頁)
野田和章「小説 安二郎の出発」(64-87頁)
田中佳一「生誕100周年に向けて」(88-90頁)
吉田悦之「松阪の「小津党」」(91-93頁)

松竹株式会社編『講談社+α文庫 小津安二郎新発見』(2002年12月20日発行、講談社、316頁)

「最新刊 貴重写真でつづる小津生誕100年!松竹が総力編集!!」と帯にあるが、巻末に「本作品は、1993年に小社から刊行された『小津安二郎 新発見』を再構成し、一部修正しました。」にあるように、文庫化したものである。
※文庫化したことにより、「宗方姉妹」(1993年版135頁)、「1957年:蓼科雲呼荘前にて。ゴルフスイング。」(同150頁)、「1947年春、弟信三とサイクリング」(同165頁)、「築地本願寺での葬儀」(同172頁)、の写真、及び加藤和彦「小津安二郎原作のダンディズム」(同210-211頁)とさだまさし「小津安二郎は、少し早すぎた神であった」(212-213頁)がカットされている。

澤登翠『活動弁士 世界を駆ける』(2002年12月26日発行、東京新聞出版局、269頁)

第2章 澤登翠の活弁名作シネマ館 
「生れてはみたけれど」(202-203頁)

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。