全国小津安二郎ネットワーク

小津監督を巡る文献・資料

小津安二郎を巡る関連文献・資料

1995年の関連文献・資料

全て見る(1376件)
書誌情報
1995
『名匠 小津安二郎の世界』(1995年1月1日発行、銀座並木座、4頁)

表紙:「お茶漬の味」

武藤康史編『里見弴 秋日和 彼岸花』(1995年1月20日発行、夏目書房、353頁)

「1973年8月、秋山正太郎撮影 里見弴」
「小津安二郎とてんぷらの会。茅ケ崎館の旅館「柳」にて(1955年)」、「里見邸にて映画『秋日和』ガーデンパーティ」
「活弁と思はれる」、「截紙刀」、「洋傘と襟巻」、「縁談窶」、「T・B・V」、「自惚鏡」、「晩年の癇癪」、「ひと昔」、
「彼岸花」(233―289頁)
「秋日和」(291―333頁)
「解題」(335―353頁)
※「解題」から一部抜粋する。「平成七年、里見弴の十三回忌に合わせるようにして本書は刊行される。」「里見弴ならではのいきいきとした短篇はもとより、映画・演劇にまつわる作品を多く収めることになった。」

『CINETIC』第2号(1995年4月30日発行、洋々社、288頁)

特集:変容としての映画史
「グラビア 発見された『東京物語』オリジナル予告篇」(8頁)
北垣善宣「発見された『東京物語』オリジナル予告篇について」(42―45頁)
田中眞澄「北村小松から小津安二郎へ―物語・蒲田モダニズム」(104―141頁)
前田秀樹「『全日記 小津安二郎』をいかに読むか」(254―257頁)
「グラビア 発見された『東京物語』オリジナル予告篇」(裏表紙)

『ごもく映画通信』Vol.48(1995年5月25日発行、ファニーフェイス、19頁)

「GOMOKU SPECIAL 小津は魔法使い」
「この人達のオヅ症状、そこから生まれたもの。
 ヴィム・ヴェンダース、周防正行、竹中直人経由D・リンチ、アキ・カウリスマキ、大島弓子経由金子修介、市川準」(4-13頁)
「よくわかる小津のテーマ分析」(14-15頁)
「この一言も‥やっぱり魔法」(16-17頁)

川本三郎『続・映画の昭和雑貨店』(1995年6月10日発行、小学館、140頁)

「ライスカレー」(20―23頁)
※『父ありき』(「めしの上に黄色いのがかかっているのなんていうんだ」「ライスカレーだろ」「あれうめえな」)
「家電製品」(32―35頁)
※『秋刀魚の味』(「こういうものって次々に新しいのが出るから先に買うと損だわ」)
「ラーメン」(36―39頁)
※『お茶漬の味』(「どうです、うまいでしょ。ラーメンはおつゆがうまいんです。」「こういうものはうまいだけでなく安くなくちゃ」「世の中には安くてうまいものがたくさんあるんです」)
「すき焼き」(100―103頁)
※『早春』(「お肉、あたしが買う」「じゃあたしご飯たく」「百匁でいいわね」「充分よ、うち、いつも五十匁」)
「美容師」(108―111頁)
※『東京物語』(「奥様、一度アップにしてごらんないさいましよ。そのほうがお似合いになりましてよ。ネックラインがとてもおきれいですもの。レフトサイドをぐっとつめて、ライトサイドにふんわりウェーブでアクセントをつけ」
「女のタバコ」(112―115頁)
※『淑女は何を忘れたか』(「あんたタバコ吸うの。ダメよ。そんなもの吸っちゃ。まだ、あんたお嫁入り前でしょ。」)

石坂昌三『小津安二郎と茅ケ崎館』(1995年6月20日発行、新潮社、331頁)

スナップ「ロケハン中の小津安二郎」(6頁)
「一 敗戦の町に現われた英国紳士」(7―17頁)
「二 「ボチボチやりますか」(18‐25頁)
「三 浮浪児(『長屋紳士録』)」(26―34頁)
「四 大船の「梁山泊」」(35―45頁)
「五 「お米のジュースがあれば‥‥」」(46―53頁)
「六 金雀枝」(54―60頁)
「茅ヶ崎駅周辺地図」(56―57頁)
「七 茅ケ崎館の創業」(61―64頁)
「八 国木田独歩の通夜」(65―70頁)
「九 茅ケ崎館の主」(71―78頁)
「十 風浪の歴史」(79―86頁)
「十一 脚本の神様」(87―97頁)
「十二 『花嫁御寮はなぜ泣くのだろ』」(98―111頁)
「十三 小津コック長」(112―124頁)
「十四 野球狂時代」(125―136頁)
「十五 ”小津調”脚本作法」(137―157頁)
「十六 原節子のこと」(158―167頁)
「十七 「もののあわれ」」(168―175頁)
「十八 『晩春』から『麦秋』のころ」(176―187頁)
「十九 散歩(茅ケ崎館周辺/団十郎、貞奴、与志/三人の冒険家/南湖院余聞)(188―203頁)
「二十 のぞき事件」(204―211頁)
「二十一 姥島と砂丘」(212―220頁)
「二十二 無為の間」(221―228頁)
「二十三 茅ヶ崎は”キー・ウェスト”」(229―248頁)
「二十四 おゆうさん」(249―257頁)
「二十五 「無」への軌跡」(258―276頁)
「別稿 『東京物語』執筆中の小津日記」(277―305頁)
「あとがき」(306―309頁)
「年譜」(310―329頁)
「参考文献」(330―331頁)

キネマ旬報社編『シネマの世紀 映画生誕100年博覧会』(1995年7月22日発行、川崎市民ミュージアム、162頁)

1995年7月22日(土)~9月17日(日)
「結婚学入門」ビラ(86頁)
「淑女は何を忘れたか」ポスター(100頁)
「限りなき前進」ポスター(101頁)
「東京物語」ポスター(111頁)
「キネマニュース 東京の女、また逢ふ日まで」(144頁)

『ノーサイド』No.52第5巻第10号(1995年10月1日発行、文藝春秋、154頁)

「特集 日本酒を究める」
田中眞澄「小津安二郎と蓼科の酒」(68-73頁)
※この論稿がきっかけとなり、1998年に小津安二郎記念蓼科高原映画祭が開催されたと言われている。

有馬稲子『バラと痛恨の日々 有馬稲子自伝』(1995年11月7日発行、中央公論社、235頁)

「思い出の映画」(60―81頁)
※一部抜粋する。「映画女優だったころ、数多くの名監督についたが、とりわけ小津安二郎監督のことが強く印象に残っている。今井正監督も厳しい方だが、それとは違う意味で、小津監督も仕事に厳しい方だった。昭和三十二年に、原節子さん、笠智衆さんと「東京暮色」に出演し、翌三十三年の「彼岸花」では、大映から山本富士子さんを迎えて共演した。小津組のセットというのは、まず他と空気が違う。ピーンと緊張していて、それこそしわぶきひとつしない。ほかの監督さんの場合だと、ライトマンが大声で怒鳴っていたりするものだけど、ここは実に静か。手まね、足まね、ジェスチャーで合図を送っているという感じだった。小津先生はカメラに映るお茶碗ひとつ、コップひとつにもこだわって、どれを使うかなかなか決まらないことがあった。あるときなど、ご飯をいただくシーンの器が気に入らなくて、スタッフがわざわざ東京の小料理屋さんまで借りに行くことになり、それでその人の撮影が中止になったことがある。」(60―61頁)

『キネマ旬報』No.1990 第1176号(1995年11月13日発行、キネマ旬報社、254頁)

「1位 東京物語」(8-9頁)
※一部抜粋する。「東京物語」は戦後の小津作品のなかでネガが失われた唯一の作品である。全国公開に先立ち松竹がネガの焼き増しを発注した会社が火事を起こしたため「東京物語」のネガフィルムは灰と化し、プリントはポジから取られた。一般的には小津の代表作と言われている「東京物語」が、監督自身が意図した本来の映像とは異なった状態でしか見ることができず、しかもその状態で高い評価を得いているというのは実に皮肉な現実である。キャメラを担当した厚田雄春によれば、本来の「東京物語」では室内の人物の顔色はもっと暗く抑えられていた。夏は室内より屋外のほうが明るいからである。例えば、汗を流す人物といったストレートな映像よりも、照りつける太陽の光を映画の中で見せることで、夏という季節を表現する狙いがあったのだという。」
「11位 麦秋」(71頁)
「25位 晩春」(78頁)
「80位 秋刀魚の味」(90頁)
「日本映画女優ベストテン 1位 原節子」(95頁)

荒木正見編著、鈴木右文共著『尾道を映画で歩く-映像と風景の場所論-』(1995年12月8日発行、中川書店、158頁)

「尾道を映画撮影地として世界に知らしめたのは、小津安二郎監督の「東京物語」(1953年)である。スタッフが宿舎にした竹村家の当主、武田和頼氏によれば、実際に尾道入りした俳優は、笠智衆、原節子、香川京子の三人だけであったというように、ほとんどがセットで作られたにもかかわらず、挿入された美しくなつかしい尾道の風景は世界中に強烈な印象を与えた。なかでも浄土寺は、主要な撮影地であった。」(74-75頁)
「魚信の角から東側をみると、未知の南側に栗吉木材の看板を目にすることができる。ここから少し西で撮影された「東京物語」に一シーンにも栗吉木材店の看板を目にしたが、このあたりは明治末頃の埋め立てを契機として、木材、竹材、石材などの商家が軒を連ねていた。今日もそれらの店がビルに建て代わって認められるのは心強い。」(80頁)他

このページのトップへ

このホームページ内のテキスト・画像の無断使用はご遠慮下さい。